腕が千切れ飛ぶまで

ってよく使うんだよね。
バイトとかでも、
「腕が千切れ飛ぶまで頑張りますよ!!」
と言うことが多々。
いやー、ホントそれぐらい頑張るのが一番だな。

んでもって関係ないけど、
すまぃりぃのとこで見た日記の中で、
「信じる」ということが出たので思い出したことを一つ。

"The life to only believe or suspect is the easiest way to live"
「ただ信じるだけや、疑うだけの人生は容易な生き方だ。」
なんかこれは好きだね。

「ただ疑うだけ」
これはヤバイぐらい寂しそうだなwww
自己の保身であり同時に傷むことだよな!
「ただ信じるだけ」
時折「ただ信じる」ことが美徳のように書かれるけど、
ある意味それはすごく簡単なことなのかもしれない。
「信じる」という行為が何の迷いもなく決まっていたのならば、
それはその前提に葛藤がないわけで、俺たちの感じる、
「ただ信じる」ことができるということへの畏敬の念は、
俺たちの感じる迷いによって感じる苦痛を超えてると感じるからだろうな。
適当にツラツラ書いてるからおかしそうだよな!!
まー、だけどだ。
俺はそういうの好きだよ。
献身的な態度というか、ワンコみたいなのがね!!
チワワみたいなのは勘弁だがな!

なんか思い出したから書いておくけど、
俺はああいうプルプルした弱弱しい感じは、
可愛らしいキャラクターでは許されると思う。
だけど人間の女の子がやってると、
どうしてもブツっときちゃうんだよね。
「あーもう!!」みたいな感じにね。
active であり、noble みたいな?w
自分の好みはようわからんとですよ。


「記憶力発想力が驚くほど高まるマインドマップ」
ウィリアム・リード著

読み終わったぁ~。
なんか2時間ぐらいで読み終わった・・・・。
MM導入の本のためなのか、
それともMMが自分で実践していくことで身につく種のもののためか、
内容が薄く感じた・・・・・。
とりあえず基本はよくわかったから、
これでノートを実践することで使い慣れてみよう~。
[PR]
by dack_hope | 2006-05-23 06:30 | 日記


<< ほむほむですよ いやさ >>